HOME > 入学希望の皆さまへ > 学校案内 > ごあいさつ

学校案内

理事長あいさつ

本校は真面目な近代産業人を志す者のために、経済社会の進展に即応した商業実務と工業の専門教育による知識と技能を養成し、 産業人としての豊かな人格と不屈の勤労精神を養い、経済界の要望に応じ得る誠実で健全な思想を持つ青年の育成」を教育方針に、職業人教育を標榜して昭和41年に創立されました。 創立当初からの商業科に加え、昭和48年には工業科(機械科・自動車工学科)を設置して、機械に関する中堅技術者の育成や自動車業界を担う人材育成を目指し、我が国の技術革新や経済の発展に多大の貢献をしてきたところです。また、平成19年度から新しく「普通科」(単位制システム)を設置して時代の要請や生徒たちの多様なニーズに対応できる体制を整え、さらに教育メディアの活用も視野に入れた学校づくりを目指しています。 次に、本校では知識や技能の修得のみならず人間教育面においても校訓「自励」のもと、「心身鍛練による人間形成の教育」、「実践学習による実力人養成の教育」「勤労と奉仕を愛する職業人養成の教育」を教育の重点目標に、誠実にして忍耐強い産業人の育成を指導目標に取り組んでおります。 また、行き届いた学習指導、進路指導に加えて、きめ細かな生徒指導と部活動は、私学教育の要であることを肝に銘じ、計算技術競技大会での全国優勝3回、野球部の甲子園出場4回と名実ともに佐実の名を挙げるなど、生徒諸君は文武両道にわたり活躍する等、本校の新しい歴史と校風をこの母ヶ浦の学舎にしっかと刻み込んでくれています。また、昭和55年開設した自動車工学専攻科では、本校の自動車工学科卒業生(自動車整備士3級取得)はいうまでもなく、他校の高校卒業生も入学可能です、2年間の就学で2級整備士を目指す学科です。進路状況(就職)は例年100%を達成しています。これまで300有余名の卒業生を輩出し、現在全国津々浦々で自動車業界等の要として活躍しております。職種として、将来の展望は明るく、夢のある学科です。
花高幼稚園の教育では、学校教育法に示された目的および目標を達成し、創造豊かな本園の特色を確立するため、学習面では「遊びの研究と工夫」、健康面では「安全の対策と体力の向上」、また、習慣面では「集団による生活習慣の確立」を教育方針に定め、園児のもつ可能性を見つめつつ指導にあたっています。特に、健康で明るくのびのびとした子ども、自然や物事に興味や関心を持ち自分で考えることのできる子ども、団体生活に必要な基本的生活習慣が身についた子どもの育成に努力しています。
そこで、本校では、現状をしっかりと把握・分析して、的確な判断のもと21世紀を担う青少年の育成に向けて、時代の要求に応えられる時代に相応しい教育に取り組んでいきたいと思います。また、私立学校が担う役割・使命を再認識し、本県の高等学校教育の推進発展と、地域の教育力の向上を目指して、生涯学習をも視野に入れた学校教育改革を推進するものであります。 このような観点から、新しく「普通科」(単位制システム)を設置して、時代の要請や生徒たちの多様なニーズに対応できる態勢を整えていきたい思っています。
特色としては、必履修科目・学校設定教科以外の自由選択科目を多くすることで、固定的な学科制度に比べ、進学希望生徒は希望大学に合わせた科目選択が可能になり、就職希望者の生徒には資格取得に必要な学習を集中的に選択することができるカリキュラムにあります。 また、自由科目選択の中に一部科目履修ができる制度も取り入れることで、地域等とも絆を強くし、本校の新しい1ページを切り拓いていく所存です。

校長あいさつ

「春風来りて初めて開くなり」

本校は昭和41年4月に開校した伝統ある学校です。現在、学校経営スローガン「明るく、楽しく、活気あふれる学校づくり」の具現化に向けて、学校一丸となって取り組んでいるところです。

ところで、曹洞宗を開いた道元禅師の教えの中に、「花、紅にして美なりといえども、ひとり開くにあらず。春風来りて初めて開くなり」という言葉があります。これは、春風が吹くことによって美しい春の花が咲くことができるように、人間も多くの人びとからの有形・無形の恩恵を受けて成長し、人生の花を咲かせることができるのだと教えたものです。

本校は、創立以来今日まで多くの方々のご支援をいただいて、県下における私学中核校として発展してきました。卒業生の数も1万人を超え、各方面で活躍しています。生徒たちにも、感謝の心を持って学習や部活動などに励み、成長を実感できる学校生活を送らせたいと思っています。

校長 嶋田 一郎

▲ページTOPへ